M&Aの基礎知識

買収や合併によって企業の成長を図る

ニュースなどで耳にする機会の多い経済用語の1つに、M&Aがあります。
M&Aとは、英語のMerger(合併) & Acquisition(買収)の略語です。簡単に言えば、ある企業が他の企業の株式を取得したり、企業同士が合併したりすることによって新しい事業形態を生み出すことをいいます。具体的には、企業買収・事業譲渡・吸収合併・対等合併などの手法があります。
M&Aは、企業の成長を実現する手段として広く行われています。たとえば同業種の企業と合併すれば市場シェアを拡大し、業界においてイニシアチブをとるのに役立ちます。また、異業種の企業を買収すれば、事業を多角化することが可能になります。さらに最近では、後継者難のオーナー企業における事業承継の手段としても注目されています。

自前で事業を興すのとどちらが合理的か

M&Aを行う目的は企業ごとにさまざまですが、実行に移すかどうかの判断基準は、その目的を達成するのに必要な時間やコストによります。つまり、たとえば新規事業を始めるにしても、必要な人材の確保や育成、顧客の開拓などには時間やコストがかかります。この作業を自社内でゼロから立ち上げるより、その業界ですでに実績のある企業を買収した方が効率的だと判断されれば、M&Aが選択されることになります。
上場企業がM&Aに関わる場合は、敵対的買収などの手段が用いられることがあります。しかし非上場企業の場合は、たいていは企業同士の交渉と合意によってM&Aが実現します。そのため、最近では企業同士のマッチングを行うサービス事業者が活躍する機会が増えています。こうした事業者は、定期的にセミナーを開催するなどしてM&Aのメリットや手続きの進め方などについての周知を行っています。