M&Aのメリット

売り手サイドにとってのメリット

M&Aがおこなわれる場合において、表面的に会社、あるいは事業の運営者に変化があるのであって、基本的として、会社、あるいは事業に関わりのある有形、無形の資産については、そのままの状態で継がれることになります。社員は新しいオーナーに従って、通常の場合、同じ条件で引き続いて雇用されることになります。そして、クライアントに関してもそのままの状態で継承されます。 従いまして、売り手にとりましてのM&Aのメリットは、社員やクライアントといった関係者に対して迷惑をかける事なく、その上オーナーという形で事業に相当する創業者収益を出し、引退が可能な点といえます。さらに、廃業する上での費用を抑えられるアドバンテージもあります。

買い手にとってのメリット

買い手にとりましてのM&Aのメリットは、会社の経営に絶対不可欠な人、物、ノウハウという資源自体が短時間で入手できる点です。買い手に関してはM&Aによりまして、ストック品、さらに本社、それから工場といった有形資産と共に、ノウハウや、クライアント関係といった無形資産も併せて獲得できます。何も無いところから新しい事業をたちあげるケースでは、一切合切スタート時から開拓していかなくてはいけないのに対し、M&Aはもうすでに確立された状態で獲得する為、買い手にとりましては大きな時間及び手間の削減になります。従ってM&Aの最も大きなメリットは時間を購入することといわれる事があります。さらに、M&Aでは決算書などを通してそれまでの実績を明らかにした上での買収のための判断をすることから、投資に対しての回収期間が想定しやすく、何も無いところから新しい事業を興すのと比べ、会社の経営上のリスクを抑えられます。