M&Aのデメリット

二つの会社の融合が困難です

M&Aに関しては会社組織をレベルアップさせていくメソッドの1つとしてメリットもたくさんありますが、その一方でデメリットが見られるのも否定できない事実といえます。買手サイドは、M&Aすることで売り手の企業の社員も保有することになります。したがって、過去育んできた社風、あるいは社員の待遇を効果的に一体化することが非常に難しいところになります。こうした配慮を怠ってしまうと、会社内のムードが悪くなります。それから、事業計画書を練って、マネージメントをしている会社組織は多く見受けられますが、元来、異なる2つの会社組織を事業計画どおりにコントロールするのは困難です。 M&Aを実施した後に、事業計画書を見直すことが必要です。

売手の会社組織にとってのデメリット

売手の会社組織のデメリットとしまして、買手の会社組織と同じくらいに、M&Aが終わった後に社風、あるいは社員の待遇という側面で、買手の会社組織との融合そのものが、難しいところがあります。M&Aを実施するということは、社員にとりましては、突発的に経営者、あるいは勤務条件が変わってしまうことになります。ですので、動転する人も出てくると想定できます。そのことにより、会社の業績にも影響が生じる可能性も否定できません。社員自身がどのように受け取っているのかについては、会社組織として、注意を払っておく必要があります。要するに、経営者それから、勤労条件の切り替えをスムーズに行うことが重要なポイントになります。