M&Aの際に注意すべきポイント

M&Aとは?手続きの種類を紹介!

M&Aとは「Mergers and Acquisitions」の略で企業の合併買収のことです。広義の意味では、合併と買収だけでなく提携まで含めることもあります。企業間のM&Aは、後継者問題の解決や事業の拡大を実現するには有効な手段です。また、企業を存続し発展させていくための戦略でもあるのです。M&Aの方法では株式譲受や株式譲渡、新株引受、株式交換などさまざまな手法があります。多くの企業が行う手法は株式譲渡で、売り主は株式を売却してその代金を受領する買収方法です。買い主は対象会社を子会社化します。株式を譲渡するだけなので簡便であり、契約している仕事や賃貸借などをそのまま継続できることがメリットです。

M&A成功のために大切なこととは?

M&Aを成功させるには、組み合わせと条件交渉、アフターM&Aが大切になります。組み合わせとは中堅や中小企業でM&Aの組み合わせをする時にどれだけ効果を出せるかです。いい組み合わせとはシナジー効果が出やすく、企業の文化が似ていて相互で補完できる関係になります。条件交渉では、M&Aをすることで本来の目的を果たせるかが重要です。それぞれの企業同士がリスクなどを考慮して、許容できる範囲で交渉をしなくてはなりません。また、お互いに敬意を払える会社同士でないと最終的にトラブルが発生してしまうので、しっかりと確認をして信頼関係を築けるといいのです。成立してもその後のアフターマネジメントを成功させなくては意味がありません。アフターM&Aに力を入れ、買い主企業から派遣する人材の選定をしっかり行うこと、売り手企業に属している社員のモチベーションを上げることなどが大切になります。