M&Aを行うべき時期

M&Aの意味と目的と心得

M&AはMergerandAcquisitionの略で企業同士の合併や買収の総称のことを言います。時にはM&Aの広義の意味として企業の合併や買収だけでなく、提携まで含めて使われることもあります。
M&Aを行う理由として主には「事業領域の拡大」「業界再編に備えた経営基盤の強化、建て直し」「後継者問題をクリアする為」など、その時の課題によって理由は様々ですが結果的に株主価値を満足させる必要があります。
M&Aは成功させる為には投資判断基準を設けることがとても重要になってきます。どこまで投資をするかという社内での基準を定めておかないと、投資判断を誤ってしまい実際の企業価値以上の金額でM&Aを行ってしまったという失敗を招くことになってしまいます。

M&Aの手法とセミナー参加による情報収集

M&Aの手続きの手法としましては株式譲渡が基本となります。他には事業譲渡や会社分割&株式譲渡、合併、株式交換、株式移転、第三者割当てがあります。
株式譲渡とは売主が買主に会社の株式を売却し、売主が株式譲渡代金を受領する手法です。
株式を譲渡するだけでM&Aを簡易に出来ること、契約関係をそのままの状態で移転することが出来ること、困難な許認可取得手続きが不要なことなどからM&Aの手続きの中で最も多く使用されています。
更に買収対象は対象会社全てになりますので、事業の全部となり買主は対象会社を子会社にすることが出来ます。
それぞれのM&Aの目的や会社状況によって手法を選ぶ必要がありますので詳しくM&Aの手法を把握する為にもM&Aセミナーに参加して情報を収集することも必要であると言えます。